ワオンズとは…

代表取締役 髙瀬 克


いろんな音が重なって、美しい音楽が生まれる。
いろんな人が集まって、新しい感動が生まれる。

ワオンズ、その社名の由来は
「”和音”のように響き合う仲間たち」。

生まれも育ちも年齢も全然違う、
およそ20人のクルーが集まって、
2015年春、ワオンズ号はやっとの想いで船出しました。

ニュース好き、芸能好き、音楽好き、ドラマ好き、スポーツ好き…
ワオンズに集まるスタッフは、みんな好きなものが違います。

ひとつだけ、全員に共通すること…
それは「テレビや映像が好き」で、この業界を志したということ。

ある者は日々報道の最前線でスクープを狙い、
またある者は究極の笑いを求めて芸人さんと議論を交わす。

テレビや映像の世界で働くという夢や憧れを
現実のものとしたのだから、
楽しさややりがいはあたりまえのように感じられるはずです。

しかし、長い航海は平穏無事な日々ばかりとは限りません。

時化に遭ったり、座礁しかけたり、
海賊に狙われることがあるかもしれません。

また、羅針盤の針がどこを指しているのか
分からなくなることもあるでしょう。

そんな彼ら彼女らが安心して航海を続けられるよう、
一生懸命サポートするのが、船長である私の役割です。

低賃金長時間労働という、この業界の”非常識な常識”を覆し
安心して働ける環境と可能な限りの待遇を
すべてのスタッフに提供していくことが、
ワオンズの果てしない航海を成功させる
ただひとつの方法だと思っています。

それは結果的に、取引先企業の皆様のご厚意とご期待に
最大限お応えすることにも繋がると考えています。

あとは、勇気ある創業メンバーたちに任せておけば、
いい仲間がどんどん増えて、
すごい番組が作れるようになって…
きっと楽しくて充実したクルージングの日々が
訪れると信じます。

個性あふれるクールな彼ら、彼女らが、
これからどんな音色を奏で、
どんな和音を響かせてくれるのか、
私はとっても楽しみです。

ワオンズのロゴマークは、信頼の証、Puppy's Heart。
絶対に恩を忘れない、そして人を裏切らない、
仔犬の純粋なハートをモチーフにしています。

みんなで頑張って、いい会社にして行きます。

株式会社ワオンズを、どうぞよろしくお願い致します。

髙瀬 克 1960.9.7生まれ 1984.3日本大学藝術学部放送学科卒

【職務経歴】

■1984.4 株式会社グロービジョン 入社 営業部配属
■1984.5 株式会社グロービジョン 退社
-------------------------------------------------------------------------------------
■1984.5 株式会社東阪企画 入社 制作部配属(日本テレビ常駐)
■1984.6~1991.9 :日本テレビ「ルンルンあさ6生情報」AD⇒ディレクター
■1985.8~1991.8 :日本テレビ「24時間テレビ・愛は地球を救う」マスターディレクター
■1986.1~1987.1 :日本テレビ「おはよう!サンデー・スペシャル」ディレクター
■1986.1~1986.10:FM横浜「I LOVE Yokohama」「Boys & Girls」「Ebony Eyes」AD
■1986.1~1986.10:JFN「4ウエイ・ミュージック・ストリート」AD
■1989.10~2002.9:日本テレビ「ニュースプラス1」特集企画ディレクター(月1回担当)
  ※「地図のない旅シリーズ」「愛唱歌の旅シリーズ」「港町グルメシリーズ」など多数
■1990.3~1992.3 :日本テレビ「きょうの出来事」特集企画ディレクター(不定期担当)
  ※「チェルノブイリの子どもたち」「ダイヤモンド流通の謎を追う」など多数
■1990.6~1991.3 :日本テレビ「追跡」ディレクター(不定期担当)
  ※「珍プレー好プレーおもしろ動物大集合!」など
■1991.9 株式会社東阪企画 退社 
-------------------------------------------------------------------------------------
■1991.10 フリーランス(テレビディレクター)
➢主なレギュラー帯番組
■1990.10~1992.3:テレビ東京「大竹まことのただいま!PCランド」チーフディレクター
 (株式会社トマホーク/番組契約)
■1992.4~1993.3 :日本テレビ「峰クン・しげるのごくらく生テレビ」ディレクター
 (株式会社日本テレビエンタープライズ(当時)/番組契約)
■1993.5~1996.3 :日本テレビ「朝一番天気!あさ天」演出/チーフディレクター
 (株式会社日本テレビビデオ(当時)/番組契約)
■1996.4~2001.9  :日本テレビ「あさ天5」チーフディレクター
 (株式会社日本テレビビデオ(当時)/番組契約)
■1996.10~1996.12:テレビ東京「ヴィーナスたちの午後」総合演出/チーフディレクター
 (株式会社Gカンパニー/番組契約)
■1997.1~1997.3  :テレビ東京「福島敦子の素敵な関係」総合演出/チーフディレクター
 (株式会社Gカンパニー/番組契約)
■2001.10~2011.3 :日本テレビ「ズームイン!!SUPER」ディレクター⇒NEWSデスク
 (株式会社コスモ・スペース/番組契約・2010.10より業務委託契約)

➢主な単発企画・スペシャル番組等
■1992.3~1993.3 :テレビ東京「地球知りたい気分!」ディレクター(不定期担当)
  ※「いまフェイクがおもしろい」など
■1992.7~1993.3 :日本テレビ「スペシャルとうきょう」ディレクター(月1回担当)
  ※「タダで楽しむ東京」「奥多摩の旅」など
■1993.4~1994.3 :日本テレビ「木曜スペシャル」ディレクター(不定期担当)
  ※「ご対面!芸能人初恋談義」など
■1998.10~2003.3 :BS日テレ「業人(わざびと)」企画・構成・演出・脚本(年3回担当)
  ※「天童将棋駒」「武蔵鬼瓦」「木彫美少女」「紅花染」「粟国自然塩」など
  ※「金沢仏壇(英語版)」はIECF2000(国際映像祭)決勝進出
■1999.1 :BS日テレ「劇場通信」企画・構成・演出・脚本(不定期担当)
■1999.10~2003.3 :BS日テレ「川の時代」 企画・構成・演出・脚本(年3回担当)
  ※「保津川下りとトロッコ列車」「四国三郎吉野川」など
■2003.10:BS日テレ「にっぽん水紀行」企画・構成・演出・脚本(不定期担当)
  ※「琵琶湖三部作」など
-------------------------------------------------------------------------------------
■2011.6 株式会社ジャパンウェイブ 入社 クリエイターエージェント事業部長
■2015.1 株式会社ジャパンウェイブ 退社
2015.2 株式会社ワオンズ 設立 代表取締役


■2003.4~2007.3:東放学園専門学校 放送研究科 講師 ※「番組制作論」「映像表現」担当
■2012.4~2013.3:日本大学 藝術学部 放送学科 非常勤講師 ※「テレビ制作Ⅲ」担当


LinkIcon CONTACT